プラタナス産婦人科クリニックながつた

診療時間アイコン診療時間 アクセスアイコンアクセス
ご予約・お問合せ
045-985-0362
赤ちゃん

ピル外来・ワクチンについて

低容量ピル

副作用を少なくするためにホルモンの量を避妊効果が得られる最低限量まで低用量化されています。服用した場合は安全で確実な避妊効果が得られ、月経困難症や月経前症候群(PMS)が軽減したり、月経周期が一定になるためスケジュールが立てやすくなったりといったメリットもあります。また、ホルモンのバランスが整うため、ニキビ・多毛症に効果もあります。服用している期間だけ一時的に排卵を止めるものなので、服用を止めると排卵が回復し、その後の妊娠には影響を与えることはありません。

副作用については、多くはマイナートラブルと呼ばれる、軽い吐き気、倦怠感、頭痛、乳房の張り、周期の途中に起こる軽度の出血がありますが、通常は飲み始めて1~2ヶ月で治まってきます。また頻度は少ないですが、重篤な副作用に静脈血栓症があります。喫煙、高年齢、肥満は低用量ピルによる静脈血栓症の発祥リスクが高いと言われており、注意が必要です。また内服中に、激しい腹痛、激しい胸痛、息苦しさ、激しい頭痛、めまい、失神、視覚・言語障害(目のかすみ、舌のもつれ)、ふくらはぎの痛み、むくみ、手足のしびれなどの症状が見られた場合は、服用を中止してすぐに医療機関に連絡ください。

緊急避妊

緊急避妊とは、避妊に失敗した、避妊ができなかったという状況で妊娠を望まない場合に、妊娠の確率を下げる最後の避妊法です。 性交渉後、遅くとも72時間以内(3日以内)に服用することが勧められ、服用時間が早いほど効果が高いといわれています。服用後、悪心・嘔吐・頭痛等の副作用が出ることがありますが、数日で症状は改善することが多いです。

緊急避妊後のホルモンバランスを整えるため、中用量ピルも処方します。(緊急避妊用ピルは妊娠を防止しますが、100%というわけではありません。)より確実な避妊のためには、継続的な低用量ピルの服用をおすすめしております。

月経移動

月経予定日が受験や旅行などと大切な日と重なってしまう場合、一時的に中用量ピルを服用することによって月経日を早めるやり方と、遅らせるやり方があります。ずらしたい期間や月経予定日までの日数などを考え方法を選択します。より確実な調節のため、ずらしたい月経の1回前の月経が来る頃、または予定まで時間がない場合はなるべくお早めにご相談ください。

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンとは

子宮頸がんの原因であるHPV16型、18型によるウイルス感染を予防し、子宮頸がんへの進展を防止します。16型、18型以外のHPVに感染している人でも16型、18型の感染予防効果はある程度は期待できるといわれています。

子宮頸がん予防ワクチンの種類

2価ワクチン

従来より使われていたワクチンでHPV16、18型による子宮頸がんに予防効果が期待できます。

4価ワクチン

新たに使える様になったワクチンでHPV16、18型による子宮頸がんに予防効果に加え、HPV6、11型による尖圭コンジローマに予防効果が期待できます。
これら2種類のワクチンは子宮頸がんの予防効果はほぼ同じです。副作用(痛み、はれ等)もほとんど変わらず、ワクチンの値段も変わりません。

当院では基本的に4価ワクチンを接種いたします。

接種回数

当院では、3回の接種をお勧めしております(3回接種しないと抗体が充分につかず、予防効果が期待できないため)

接種費用

1回 16,000円
3回 48,000円

横浜市在住の小学校6年生~高校1年生相当の女性は無料で接種できます。

横浜市のサイト